XEマーケットで月10万円稼ぐ


XM.comは、日本のFXトレーダーからも高く支持されている大人気海外FX業者です。この度、「XM.com(エックスエム ドットコム)」というドメインに変更になりました。ドメイン名が短縮され、さらにアクセスしやすくなっただけでなく、運営企業である「トレーディングポイント」のバージョンアップ版として様々な特典が付帯しています。

他のFX業者とは比較にならないほどの高倍率が設定されたレバレッジ、口座に入金するだけでもらえるボーナス、メタトレーダー4やiPhoneからの発注が可能な取引ツール、また、ウェブトレーダーに代表される多くのツールを一つの口座にまとめられる便利な管理システムも大変魅力的です。

 



提携銀行は、世界的にも有名なバークレイズです。しかも、CySEC(キプロス証券取引委員会)から正式に認可されていて社会的知名度も抜群。よく分からない業者に自分のお金を預けるのは不安だという初心者の方でも気軽にFXトレードに挑戦できるメリットがあります。

XMの取引方法の歴史をさかのぼってみましょう。運営母体であるトレーディングポイント(Trading Point of Financial Instruments Ltd社)は、2009年から営業を開始した会社です。そして、リクオートの無い取引環境と入金ボーナスという斬新なサービスが話題を呼び、2011年頃から日本でも急速にユーザー数を増やし始めました。

近年、多くのユーザーのさらなる要望に応えるために、サーバーやインフラの増強、レバレッジの倍率アップ、運営スタッフの増員などを実現しました。名称も「XM.com」に変更し、サービスをリニューアルしたのです。

なお、XEマーケットは世界でも特に監査基準が高いことで知られる英国FSAライセンスを取得しており、万一会社が破綻しても顧客は最大20,000ユーロまでの資産保障を受けられます。一般的な個人トレーダーのほぼ全資産をカバーしてもらえるため、FXトレードのリスクに不安を抱く方でも安心して口座を開設出来ます。

顧客は「マイクロアカウント」、「スタンダードアカウント」、「エグゼクティブアカウント」の3種類の中から任意のアカウントを設定できます。どのアカウントも、0.01ロット取引(マイクロロット)や円口座に対応しています。また、マイクロアカウントやスタンダードアカウントの場合、最大で888倍ものレバレッジ倍率を選択可能です。

スプレッドも比較的低く、平均でUSD/JPY=2.0~2.5pips、EUR/USD=2.0pips前後、GBP/USD=3.0pips前後となっています。取引コストを軽減したいトレーダーの大きな味方となってくれます。